スケールする事業を福岡から

S.C.A.L.E.は急拡大を目指す起業家のための伴走コミュニティです。福岡が更なる盛り上がりを実現するためには、「スケール」するビジネスモデルを創業期から意識した起業家の輩出が鍵になると考えており、実際に多数のスケールする事業に触れているベンチャーキャピタリストたちからフィードバックする場を設け、福岡の起業環境をますますレベルアップさせたいという想いでスタートさせました。

サンフランシスコやテルアビブを超えるスタートアップ都市を目指す
世界各国では小さな人口規模であっても、スタートアップを多数輩出している都市があります。福岡自体も小さな人口ではありますが、より多くのスタートアップが集積し、多くの成功事例が出せると、そのような都市発展の可能性があると思っています。

S.C.A.L.E. 3つの特徴

merit 1
スケールするビジネスモデル構築に向けてブラッシュアップ
merit 2
一度に3名のキャピタリストから、多角的なフィードバックをもらえる
merit 3
当日は短い時間ではあるが、後日いつでも相談できるきっかけに

今すぐ参加をしたくなるキャピタリスト

日々、多くのビジネスモデルを見ている福岡のベンチャーキャピタリスト3名がシード期スタートアップのメンタリングを行います。

松永 将幸
1985年、福岡生まれ。東京大学 工学部卒業。2010年、アクセンチュア株式会社に入社。戦略コンサルタントとして、通信・ハイテク業界を中心に、製造業・製薬業・小売業など幅広い業界の、経営戦略策定・新規事業創出およびオープンイノベーションを支援。2019年、福岡・九州を日本のイノベーション都市にしたいと考え、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズに転職。AI・ドローン・5G通信等の先端テクノロジー領域の投資を担当している。
渡辺 麗斗
株式会社ドーガン・ベータ 取締役パートナー
1990年生まれ、静岡県静岡市出身。大学2年時に学問としてのベンチャーファイナンスに出会い、そのダイナミズムに惹かれる。在学中の2012年より「金融の地産地消」を実践するドーガンに参画、後に入社。一貫して九州に縁のある起業家への投資業務に従事する。コワーキングスペース「OnRAMP」や、起業相談窓口「福岡市スタートアップカフェ」にも設立時より関与。2017年にドーガンβを共同創業し独立。漫画と生クリームが好き。
両角 将太
1988年、福岡生まれ。2012年早稲田大学卒業。在学中に、IT起業家特化型インタビューメディアを立ち上げ。サムライインキュベートに入社し、日本最大級のコワーキングスペース「SSI」のマネージャーに就任。2015年、社内起業家として、大企業とのアライアンスに務め、億単位の収益に届く事業をゼロから確立。2016年、前職を卒業し、福岡を拠点としたVCであるF Venturesを設立し、20社超に投資している。スタートアップイベントTORYUMONを半年毎に全国5都市で主催し、毎回スタッフだけで80名、参加者500名ほどのイベントに成長している。

ENTRY

下記のボタンがリンクする Googleフォーム で記入していただき、その中から9組を選出します。